妊娠超初期症状として起こりがちなこと

妊娠初期は頭痛がしました。

私の場合、妊娠超初期症状としては、頭痛が何日か続きました。
だるくて頭痛がするので、最初は風邪か何かだと思って、
3日ほど頭痛薬や風邪薬を飲んでみましたが、全然治りませんでした。

 

そして、何となく妊娠したような気がして検査をしました。
身体に若干の違和感を感じたというか、めったに風邪も引かず、
生理もとても軽い私だったので、おかしいと思ったのです。

 

妊娠初期症状として、同じように風邪のような症状を感じる方は
結構多いようです。市販の風邪薬を3日ほど飲んでしまいましたが、
幸い赤ちゃんには何の影響もありませんでした。

 

妊娠の初期症状を風邪だと思って、服薬してしまうケースも少なくないようです。
多くは胎児に悪影響を及ぼすほどのものではないそうですが、
やはり初めての妊娠だったので不安でした。

 

この頭痛やだるさは、妊娠中期や後期になっても続いた症状でした。
私はつわりはほとんどなかったのですが、妊娠初期からつわりや吐き気という
症状のある方もいます。

 

よくドラマなどで、つわりを感じて妊娠が発覚するパターンがありますが、
これも個人差で、私のように初期症状としてつわりがない場合もあります。

 

頭痛やだるさが何日か続き、風邪薬でも治らなかった場合、
妊娠によるものの可能性があります。

関連ページ

はじめての妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のときのお話
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
この歳で人生初!があるだなんて
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
海外で初妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
辛い妊娠初期
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
船酔いみたいな毎日 妊娠超初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
つわり中の頭痛と眠気
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
初めての妊娠はわからないことだらけです。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
「できちゃったみたい」の思い出
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のこと
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠の初期症状。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
ずっと望んでいた妊娠の初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
私が妊娠したときのこと
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。