妊娠超初期症状として起こりがちなこと

初めての妊娠はわからないことだらけです。

結婚して5か月私は妊娠しました。
31歳を超えての結婚だったので早く妊娠して幸せでした。

 

今まで感じた事のない不快感が急に私を襲いました。
絶対妊娠した。直感があったので検査キッドを購入してすぐに検査しました。
陽性です、良かった初めてだから不安もあったけどお母さんになる夢の方が大きかったです。
主人も大喜びで、「俺が一番に抱っこする。」とはしゃいでいました。

 

病院に行くとまだ5週間目で血液検査の数字が低いのでまた来てくれと言われました。
妊娠超初期症状だったのでしょうか・・・
「おめでとうございます」と医者は言ってくれませんでした。
1週間後主人と医者に行きました。
血液検査の結果数字がまだ上がらずにお腹の中で死んでいる可能性があると告げられました。
そして、手術の日を決めました。
涙が止まりません。私たちのお腹の子は元気なはずです。
だって、気持ちが悪い、妊娠初期症状のつわりです。
手術当日に主人と入院セットを持って病院に行きました。

 

こんなことがあるでしょうか!
エコーでしっかりと心臓が動いていました。
血液検査も数字が少し上がってきてるそうです。
もちろん手術は中止です。
主人と喜んで帰ってきました。
「男の子がいいね」
夢は広がります。

 

 

しかし、実家でも主人の家でもおろした方がいいと言われました。
普通の子では無い。一回心臓も止まってると。
みんな、泣きながら私達夫婦のこれからを心配してくれました。
でも、もう私の心も体もお母さんになっていました。
おろせません。どんな子でも一緒に生きていく覚悟をしました。

 

精神的に参ったのか妊娠初期症状の重い悪阻に出血もしたので1か月入院しました。
退院してからは、普通の妊婦さんと一緒でした。
寝返り、ハイハイ、歩くのがみんなより3か月くらい遅いマイペースな男の子が生まれました。

 

関連ページ

はじめての妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のときのお話
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
この歳で人生初!があるだなんて
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
海外で初妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
辛い妊娠初期
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
船酔いみたいな毎日 妊娠超初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
つわり中の頭痛と眠気
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期は頭痛がしました。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
「できちゃったみたい」の思い出
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のこと
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠の初期症状。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
ずっと望んでいた妊娠の初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
私が妊娠したときのこと
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。