妊娠超初期症状として起こりがちなこと

私が妊娠したときのこと

私はOLのときに会社の同期の女性が結婚で会社を辞めていくのを見ていて、自分も30歳までこの会社に居ることになったら嫌だなと思うようになって焦っていました。
私は同期の女性の知人を紹介してもらったのです。それが現在の旦那です。2年ほど付き合ってましたが、何となく自分勝手だなと思うこともありましたが、まじめで大きな企業に勤務していましたので、結婚したら将来安定しているかなと思って結婚の話がでたのですが、旦那の親との同居ということでしたので、嫌だなと思いながらもどうにか旦那が対処してくれるだろうと信じて結婚しました。
でもその時に旦那の弟も同居していましたが、夜に私たちの部屋にくることがあったのでびっくりしたことがありました。
私はこの環境だと子供を作るのは難しいなと思っていました。
私は3年間子供に恵まれませんでした。でも婦人科に行って検査する気などありませんでした。
ただ、雑誌で基礎体温をつけると妊娠しやすい時期が分かると書いてあったので、婦人体温計を買って3ヶ月ほど体温を記録したんです。私の体温は、排卵していないことが多かったのが分かりました。でも基礎体温をつけて妊娠に備えて半年ほどで、妊娠超初期症状が出始めたのです。
それは基礎体温が3週間以上下がらないというものでした。
私は産婦人科に行って、妊娠しているか検査をしてもらいました。尿検査と先生の触診でした。
すぐに妊娠しているといわれました。
その数日後から、激しいつわりがやってくるようになってしまったのです。
それが妊娠初期症状です。つわりが始まったのは早かったです。
それにかなりきつかったです。体重が逆に減ってしまったのです。食べられなくて体重がおちたのでした。

関連ページ

はじめての妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のときのお話
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
この歳で人生初!があるだなんて
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
海外で初妊娠
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
辛い妊娠初期
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
船酔いみたいな毎日 妊娠超初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
つわり中の頭痛と眠気
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期は頭痛がしました。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
初めての妊娠はわからないことだらけです。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
「できちゃったみたい」の思い出
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠初期のこと
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
妊娠の初期症状。
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。
ずっと望んでいた妊娠の初期症状
妊娠の超初期の時にはなかなかわからないものです。